結婚と家族 - ヤクート語

 結婚と家族 - ヤクート語

Christopher Garcia

結婚。 伝統的に、裕福なヤクート人の結婚は一夫多妻制であったが、配偶者の死後、一夫一妻制で再婚することが一般的であった。 お見合い結婚は、政治的な動機で行われることもあった。 父系外婚は厳格に計算され、結婚できる者は次のように呼ばれた。 シガン 1920年代まで、多くの結婚の取り決めは、新郎新婦の家族の経済的、感情的、象徴的な資源が関与する複雑で長期にわたるものであった。 これには、お見合いの儀式、新婦の家族への家畜、毛皮、肉などの数回にわたる正式な支払い、非公式の贈り物、多額の持参金などが含まれる。 貧しい新郎が自分の家で働くことを許可する家もあった。結婚式とそれに付随する祝宴、祈り、踊りは、まず新婦の実家で行われ、次に新郎の実家で行われた。 夫婦は通常、新郎の両親と同居するか、近くのユルトに定住した。 1970年代以降、限定的な側面への関心が高まっている。1980年代、ある若い男性は、列車で恋に落ちた女性が遠いいとこで、親族のルールでは結婚を禁じられている相手だと知って悔しがった。

相続。 慣習法では、土地、牛、馬は、家系が使用するものではあったが、父系が管理していた。 家畜や土地の売買や相続は、年長者の承認が必要であった。 しかし、20世紀になると、大規模な馬の群れが減少したこともあり、小規模な家系が資源を保持するようになった。 男性は富のほとんどを所有し、息子、特に長男に譲ったが、末っ子は母親は娘に持参金を渡すことができたが、悪い行いをすれば持参金は没収された。 理論的には、持参金には土地だけでなく、品物、宝石、動物も含まれていたが、実際には年長者が他の家系に土地を渡すことはほとんどなかった。 ソビエトの法律では、相続は品物に限られ、非国営住宅は個人の裁量で遺贈することができた。 ほとんどのアパートや夏用の家は家族で管理されていた。


についての記事もお読みください。 ヤクート ウィキペディアより

Christopher Garcia

クリストファー・ガルシアは、文化研究に情熱を注ぐ経験豊かな作家兼研究者です。人気ブログ「世界文化百科事典」の著者として、彼は自身の洞察と知識を世界中の読者と共有することに努めています。人類学で修士号を取得し、豊富な旅行経験を持つクリストファーは、文化の世界に独自の視点をもたらします。食べ物や言語の複雑さから芸術や宗教の微妙な違いに至るまで、彼の記事は人間の多様な表現について興味深い視点を提供します。クリストファーの魅力的で有益な文章は数多くの出版物で取り上げられており、彼の作品は文化愛好家の支持を集めています。古代文明の伝統を深く掘り下げる場合でも、グローバリゼーションの最新トレンドを探る場合でも、クリストファーは人間文化の豊かなタペストリーを明らかにすることに専念しています。